レッスン

プラクティショナーが口頭で動きをナビゲートし、各々が自発的にからだを動かす形式のグループレッスン「Awareness Through Movement(ATM)」と、プラクティショナーが手で触れてからだを動かし、機能的な統合に向ける個人レッスン「Functional Integration(FI)」があります。

グループレッスン

Awareness Through Movement (ATM) : アウェアネス・スルー・ムーブメント

Awareness Through Movement(ATM)は、45分〜60分ほどのグループに向けた「動きを通して気づく」レッスンです。

 

ATMレッスンの内容は、多くの場合は床に寝た状態で、または座位や立位で、生活動作や発達運動に基づいたシンプルな一連の動きを実際に体験するものです。

プラクティショナーによって言葉で動きに関する情報が案内されるのを聞き、参加者はからだを動かす感覚に注意を向け、楽に動いて探索します。価値を置くポイントは、結果よりも過程、量よりも質です。

 

過剰な筋肉の緊張や努力を減らしてからだを動かすと、動かした部分とほかの部分とがどのように関係を変えるか、全身がいかに連動するかがより詳細に繊細に感じられます。ゆっくり、穏やかに、快適な範囲で遊びのように繰り返し動きを試すと、小さな差異が生じ、脳は差異を体験することから学習し、その働きを再調整します。

 

調和した柔らかい質の動きは、バリエーションの可能性が豊富で、習慣的なパターンに縛られない選択肢が広がります。動く自分をまるごと観察して周囲の環境、考え、動き、感情にそれまでとは違う新しさを感じとる、とても個人的な学習の過程です。脳は一生学習を通して発達していきます。脳のはたらきがより洗練されると、感覚は鋭敏に、創造性は豊かに、対応は柔軟に、思考は明瞭に、動き方は効率と調和を増して優美になっていきます。

 

個人セッション

Functional Integration(FI) : ファンクショナル・インテグレーション

Functional Integration(FI)は専門技術の向上、心身の健康増進、運動機能の改善などの個別の希望と必要に応じるための個人向け学習セッションです。

着衣のまま専用ベッドに寝たり座ったりしていただき、45分ほどのレッスンを行います。プラクティショナーは極めて繊細な手でからだに接触して、骨格と空間と機能の関わりに注意を向けながら穏やかにからだを動かしていき、触覚による運動感覚コミュニケーションによって「機能的な統合」をします。

 

Copyright 2017 Akouo All Rights Reserved.